HOME>トピックス>ビジネスをもっと拡大したい、個人事業主には断然おススメ

ビジネスの拡大が狙えます

そもそも創業融資とは、起業したり独立・開業時に必要な事業資金が、不足している際に金融機関等から行う借り入れを指します。スタートアップの事業者、エンジェルは社会的な信用が不足しがちです。そういった事業者であっても資金調達が可能になり、創業をサポートするという目的があります。創業融資を受ける場合、基本的な条件を満たしている事が何より肝心です。税金や借り入れ金等の滞納、支払い遅延がある場合、創業融資自体を受けられなくなる可能性があります。

保証人等が不要

創業融資の中でも、事業者から注目を集めているのが、日本政策金融公庫に他なりません。中小零細企業への融資に注力しており、創業支援も積極的に行っているところが、他の金融機関に比べて際立っている点だと言えるでしょう。日本政策金融公庫の創業融資が、注目を集めているのは3つの理由があります。まず1つ目が、基本的に保証人を必要としていない点です。保証人に加え担保、代表者保証も必要ありません。

融資までのスピードが、速い

政府系金融機関から融資を受ける場合、厳格な審査が行われ融資そのものが実行されるまで、相当な時間が掛かるというイメージを抱いている方も少なくありません。事業者にとって、事業資金の枯渇は死活問題です。創業融資の場合、申込みから融資が実行されるまで約一か月から一か月半程度で済みます。

資金計画の立てやすさ

3つ目が、資金計画を立てやすいという点です。創業融資は、固定金利になります。金利の変動というものを、一切考慮する必要はありません。資金計画が立てやすい為、事業者は安心して本業に専念する事が出来るのです。

広告募集中